医療法人社団 総合会  
武蔵野中央病院

武蔵野中央病院理事長 牧野英一郎 院長 牧野英一郎
所在地 〒184-8585 東京都小金井市東町1-44-26
TEL 0422-31-1231(代表) FAX 0422-32-3617
URL http://www.musashino-chuou.com/
交通 JR中央線武蔵境駅で乗り換え、西武多摩川線新小金井駅下車、徒歩5分。または、武蔵境駅南口下車、タクシー5分
問い合わせ 0422-31-1231(事務 篠原)
資料請求

概 要
設立 1956年1月15日
診療科目 精神科・内科・呼吸器科・循環器科・心療内科・リハビリ科・歯科
病床数 308床
一日平均外来患者数 39名
平均在院日数 466日
年間入院患者数 315名
年間退院患者数 306名
届出事項 精神病棟入院基本料15:1、内科13:1、療養1<>介護医療施設サービス費Ⅰ<>精神科専門療法­:精神科作業療法、デイケア、ショートケア、 (内科)運動器リハ(Ⅰ)、脳血管リハ(Ⅱ)、地域連携診療計画退院時指導科(脳卒中、大腿骨頸部骨折)、CT撮影(マルチスライスCT16列)
病棟区分 精神一般病棟210床、(内科)一般病棟38床、療養病棟60床
職員構成 精神科医師11名(内指定医10名・非常勤6名)、内科医師14名、PSW6名、OT8名、PT6名、CP3名、その他計203名
医局出身大学構成 慶應義塾大、杏林大、東海大、東京医科歯科大、女子医大、千葉大、東邦大、昭和大、弘前大、聖マリアンナ医大
募集要項
給与体系 1,100〜1,700位(週5日の場合・経験・資格等による)
勤務日 週5日(4日、4.5日は応相談。当直は内科医)
学会等 常勤医は年1回は出張扱いで学会へ出席できます。
指定医症例 措置症例はありませんが応相談。児童・思春期、器質性は可能です。
実習指導 症例検討会、精神科カンファレンス。経験と学識豊かな先輩医師からの指導が気軽に受けられます。院内学会や看護、リハ等実習生の指導、都の指定医業務なども希望すれば良い経験となります。
研修・研究 医の倫理、診断、薬物療法、精神療法、外来治療、入院治療、リエゾン、リハビリテーション、身体合併症、老年精神医学、地域医療、精神保健・福祉

理事長・院長 牧野英一郎 高齢者医療こそ、「心も体も」
理事長・院長 牧野英一郎


高齢者医療こそ内科も約100床あり、「心も体も」の当院向き、と実感する日々。最近の光景は・・・

〔認知症連携〕専門医療機関として参加。認知症は高齢で身体疾患のある方も多いので、精神科のみならず内科、理学療法、摂食嚥下相談室もある当院の役目は多いのです。

〔地域生活支援課〕 訪問看護・外来・デイケアを統合して平成20年秋スタート。Ns・PSW・OTが、かわりばんこに訪問。自宅での様子や身体疾患の情報が外来やデイケアと共有でき、高齢化した方々をも多職種の目が支えます。当院で内科・精神科双方を経験したNsによる「心と体の出前」訪問や、OTの訪問も心強いことです。

最近見られる当院らしい光景は、他にも・・・

〔地域移行支援〕退院して近隣の作業所に通いながらグループホームで生活する方たちが、作業を開放病棟に持ち込んでPR。入院患者さんには刺激的なようです。

〔リエゾンで〕 内科病棟に呼ばれてよく見るのが、一般病院でせん妄を発症しその時以来リスパダール2ミリが長期間do処方され、嚥下性肺炎や関節拘縮となって転院してきた高齢者といった例。漫然投与の害を再認識しつつ、薬を止めると良くなるのです。

〔理学療法で〕 精神と身障のOTのみならずPTもいる当院。PTが全国の精神科病院にアンケート調査したところ、「精神科病床数の2分の1の転倒が一年間に発生し、入院患者の4人に1人は転倒したことがある」(細井、他)と判明。PTが精神病棟に出向き、転倒予防体操を指導しています。他院のご参考に、ホームページにアップしました。

〔摂食嚥下相談室で〕 精神科患者にも摂食機能訓練。当院ホームページの「動画」ご参照。

〔内科は〕 精神科同様、緑の多いゆったりした空間で、脳卒中、心不全、慢性呼吸不全等の診療・療養・リハビリを行っています。北多摩南部脳卒中ネットワークに参加しているので、うつや高次脳機能障害、器質性精神障害等、精神科へのリエゾン依頼も多様です。

このように、当院は、精神科と内科が刺激し合い、支え合ってやってきました。心と体を切り離してきた近代の枠組みを超えるささやかな試みは、医局内外の家庭的ともいえる雰囲気が可能にしてきた気が致します。

各精神科医の得意分野は、精神病理、高齢者、内観、老年精神医学、身体合併症、文化精神医学、精神分析、児童、音楽療法とさまざまですが、抗精神病薬の平均処方量(CP換算)が500mg程度で8割の処方が新薬に切り換えられつつあることからも伺えるように、柔軟に熱心に臨床に取り組んでいます。精神医学以外の専門分野をもつ医師が多いのも特色か。

ホームページには動画もありますが、どうぞ、お気軽にご見学にお越し下さい。